Darren Shanの2冊目を読み終えました。
この本は、章毎が短いので、スイスイと読めてしまいますね。
合間をぬって読むことも気軽に出来るのでオススメできます。

The Vampire’s Assistant (The Saga of Darren Shan)
The Vampire's Assistant (The Saga of Darren Shan)Darren Shan

HarperCollins Children’s Books 2000-05-30
売り上げランキング : 20460
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:41,598 / YL:5.5 / オススメ度:★★★★☆


2作目は、前作でHalf VanpireとなってしまったDarrenの葛藤が見ものですね。

人間社会と離れてしまって寂しさをまず感じます。
「これからは今までの人間社会では生きていけない」
「友達も出来ず、人里はなれた生活をずっとするのか?」

そんな中、1作目で出てきたCirque du freakに戻りますが、
そこで出会う人や怪物?たちといろいろな体験を…

最後にはずっとネックになっていた、あの出来事が・・・!
なんとなく展開は読めますが、それでも人物の心情などが
ジーンと来ますね。この先も期待できる内容でした。

ああ、この本は最後まで止められませんね。
早速、3冊目に取り掛かりたいと思います!

The Vampire’s Assistant (The Saga of Darren Shan) 
▲人間社会と切り離された少年の葛藤!