Darren Shanの3冊目!
ああ、やっぱり面白いです。
1作目で、主人公の心理に衝撃を受け、2作目できつい結末。
結構激しいのでこれ以上ないと思いましたが、3作目は主人公に同調しました。

Tunnels of Blood (The Saga of Darren Shan)
Tunnels of Blood (The Saga of Darren Shan)Darren Shan

HarperCollins Children’s Books 2000-11-06
売り上げランキング : 25567
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:38,600 / YL:5.5 / オススメ度:★★★★★


1作目、2作目では運命を受ける入れるといったものが主題でした。
3作目ではさらにストーリーが進んでいきます。
敵方役も出てきて、面白くなってきますね。

アドベンチャー物には、印象の強い敵方の存在も必要です。
3作目で出てくるキャラクターは、そういう意味で物語を引き立てています。

スリル感もいいですね。全体的に暗い(ヴァンパイアものでホラーですので)けど
ストーリー展開は早く、パラパラと続けて読んでしまうところが多読にもぴったりだと感じました。
レベル5ぐらいの本で、語数を稼ぎたいならピッタリの本です。
そういう意味で、なかなか出さない★5つを再びつけました。

ある意味、マンガっぽい(子供向けですので)ですが、
大人でも十分スリルを感じて読めると思います。

この勢いだと、全12巻制覇も楽にいけそうですね。
面白いので、再読する人も多いと思います。オススメです。

Tunnels of Blood (The Saga of Darren Shan) 
▲3作目ではまった!という人も多いです。