ナルニアの出版順、2作目になります。
英語版のタイトルには「4」と入っていますが、これはナルニアの時代順の
4つ目ということになります。2作目として読むのをオススメします。
Prince Caspian (rack): The Return to Narnia
Prince Caspian (rack): The Return to NarniaPauline Baynes

HarperCollins 1994-07-08
売り上げランキング : 27352

おすすめ平均 star
star挿し絵は収録されていません
star時空を超えた物語を楽しめます
star何度読んでも◎

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数 44,740 YL 7.5 オススメ度

1作目、The Lion, the Witch and the Wardrobe (Chronicles of Narnia) / 249冊目
戻ってきた4人兄弟姉妹(Peter、Susan、Edmund、Lucy)は1年後、
再びナルニアの世界に戻ることになります。
このエピソードもしっかりと前作から繋がっている部分があります。

1作目を読んでいるので、この導入部分から引き込まれていくのが分かります。

時代背景の流れが少々難しいのと、登場人物の名前が難しいですが、
頑張って読めれば非常に綺麗な文体で楽しく読めると思います。

宗教的観念も含んでいるということで、うまく寓話にした話は
正直なところ宗教観のない方には読みにくい部分もあります。
ただ単純に子供向けの話としても面白いし、深く読める方にとっては深いです。
名作といわれる所以がここにありといった感じです。

全7作ですが、2作読んだ時点では最後まで読みたいと思っています。
今回は星4つとしましたが、実際は3.5ぐらいのイメージです。
英語も思ったよりも単語等難しくて、タドキストでも苦慮する部分も多いです。
(なんというか完璧に読めるようになって読み直したいです)

ただやっぱり、タドキストなら読みきりたい本ですね!
あとは子供の頃に、日本語等で読んだことがある方は懐かしい記憶を
思い出しながら読めるので、もっとオススメです。キャラクターも多いですしね^^

Prince Caspian (rack): The Return to Narnia 
▲ふんわりと世界観に包まれる感じがナルニアのいいところです!