The Melancholy of Haruhi Suzumiya (The Haruhi Suzumiya Series)
Nagaru Tanigawa
Little, Brown Books for Young Readers (2009-04-01)
売り上げランキング:5013位
語数:54,561語 / YL:5.5 / オススメ度:(3.0)

私は和書でもライトノベルと呼ばれる分野を全く読んだことがないのですが有名なので挑戦しました。
実は最初の20%位を読み終わるまで、一人称の主人公は女だと思ってました。
なんで女で「kyon」ってアダ名が嫌で「お兄ちゃん」と呼ばれてればよかったのに~なんて内容あって
20%ぐらいで主人公がheで書かれていて勘違いに気づきました。

内容レビューをしますと「きっとライトノベルってこんなんなんだろうな」という雰囲気が出ていました。
私は和書版を読んでいないのですが、英語版でも雰囲気が感じ取れたのは面白いです。

タイトルのmelancholyもそうですが、結構単語の勉強になりそうです。
私が理系というか情報系の人間なのでデータベース関連でSQL文が出てくるなど、
ちょっと濃い部分の内容が出てくるとそちら系の方は嬉しくなるのではないでしょうか?
ノンレム睡眠、レム睡眠のREMはrapid eye movementというのもこの本を読んで知りました。

私があまりライトノベルという分野が好きでないので、なんとも言えませんが
多読用としても結構スラスラ読める文体だし、よく出来た本だと思いました。

しかしこのシリーズ続くんですね。どういう展開にするのかはちょっと気になります。

The Melancholy of Haruhi Suzumiya (The Haruhi Suzumiya Series)