Darren Shan(ダレン・シャン)もいよいよ6冊目まで来ました。
折り返し地点となります。4,5,6巻は特に流れが繋がっているので
一気に読んでしまいたいですね。

The Vampire Prince (The Saga of Darren Shan)
The Vampire Prince (The Saga of Darren Shan)
おすすめ平均
stars裏切りと涙・・・・・。
stars友の裏切り
stars運命の歯車が大きく回りだす
stars戦う時、来る
stars物語が大きく動いた!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
語数:37,076/ YL:5.5 / オススメ度:★★★★☆

Darren ShanシリーズはYLを全て5.5程度としていますが、
この巻は、今までで少し読みにくく感じました。
長老?達の話し使いや、心の動きを捉えた表現が多いためですね。

5巻の終わりからの展開で、6巻が早く読みたいと思った方も多いでしょう。
その割には、6巻のペースは最初はゆったりと進みましたね。
そして4,5の流れで来たものを総決算する感じですね。

しかしこの本は、ヴァンパイヤ社会の話を書いていますが
人間社会とすり合わせてみると面白いのではないでしょうか?

タイトルの副題に「Who will rule the night…?」というものがあります。
この中の「rule」というものは社会の中で、統制するために必要で大事にされますが
時には理不尽なほど不公平だったり、古臭さかったりします。

そして社会が複雑に進化することにより、今までの「rule」では
対応できないものにどうするか?年寄りの経験と知恵、若者の勇気を
織り交ぜて向かう必要があります。

そんなものを子供向けの物語を通して、感じることができますね。
やはりダレンシャンは楽しい作品です。

物語のほうも伝説のVampaneze Lordが出てくるのはハリポタくささを感じますが
1巻から読んでいる方は、正体を推測して楽しめるのではないでしょうか?
彼なのかな~?って少し思ってしまうのだが、どうだろう?

気になるので、次巻も読みたくなりますね。

The Vampire Prince (The Saga of Darren Shan) 
やはり面白いダレンシャン!4,5,6巻の総決算!