多読をずっとやってきて、どうも引っかかる部分です。

「辞書を引かない」


多読を推奨しているSSS英語研究会では

1. 辞書は引かない (引かなくてもわかる本を読む)
2. 分からないところは飛ばして前へ進む 
(わかっているところをつなげて読む)
3. つまらなくなったら止める (1 2 の原則で楽しく読めない本は読まない)

といった3原則を提唱していて、
多くの方が「辞書を引かない」ことに賛同しています。

私も、辞書を引く行為は読書の流れを削いでしまうので
引かないに一票を入れたい派なのですが、

物語を読んでいて何度も意味が微妙な単語が出てきて、
なんとなく推測は出来ているんだけど辞書で意味を確かめたい、
という時が結構あります。

そして、そこまで気になった単語を辞書で調べると
「おおっ!やっぱりそうだったのか!?」とか
「なんだ、こういう意味だったのか…」と
鮮明に、調べた単語が記憶に残ります。

だから、”絶対”引かないという考えは持たない方がいいと思っています。


「辞書を引かない」とうのは
『読書の流れを妨げない』という意味が込められています。

逆に辞書で調べることで、読書の流れがスムーズになることだってあります。

そして、辞書を引かずにモヤモヤした感じで単語を読んでいるときに
辞書で意味を調べると、パッとその単語が鮮明になります。
この感触は、本当に脳にいい感触だと思うのです。

自分の提案としては

辞書は「本を読み終えた後」または「章を読み終えた後」のような区切りのいいところで引く。読んでいる文章の途中では逆に『絶対に引かない』がいいかなと思っています。(まどろっこしい書き方ですが…)


『辞書は引かない』と断言されることで、苦労している人がいるといけない
と思ったので記事にしてみました。

辞書はサクッと引くことが出来る電子辞書がオススメです。
軽くて持ち運びできるので、自分はいつも洋書と一緒に持ち歩いています。

電子辞書英語モデルの一覧

電子辞書は高い買い物のように見えますが
ranもnadyも十分減価償却するくらい使ってます!

ちなみに自分は音声なしを持っていて、いつも発音が気になり後悔しています。
これから買う人は発音付きがいいと思います。